ジャパンネット銀行 おまとめローン

ジャパンネット銀行 おまとめローン:借り入れ一本化 低金利
複数の金融機関からの借り入れを一本化できます。
ジャパンネット銀行の借り入れおまとめローン。
実質年率15.0〜18.0%
ご利用限度額 最大200万円
スピーディな審査 最短30分
ご利用限度額の範囲内で繰り返しご利用可能
残高の有無にかかわらず口座維持手数料(月105円/消費税含む)が無料。
借り入れ一本化で、毎月の返済負担を軽減。
高金利商品をおまとめローンにすることで、金利負担を軽減。
ジャパンネット銀行へローン借り換えお申し込み→



リニューアルローン

リニューアルローン:借換え専用ローン
来店不要!低金利!
ローン返済の軽減をお考えのあなたに。
お金のコンビ二 キャッシュマート
複数の支払残高を借り換えして一本化
最高限度額 1000万円
年率13.5〜15.0%
新洋信販の借換専用リニューアルローンへお申込み→

ユニバーサルコーポレーション

ユニバーサルコーポラーション:おまとめローン
複雑なお支払いを一本化することにより返済プランが立てやすく、確実に5年以内で完済可能なゆとりのプランです。(要審査)
お客様個人の信用の他に当社が提携している信用保証会社の
保証が入ります。
ご利用金額:100〜500万円
資金用途:おまとめ
利率:10.25〜26.13%
返済方法:自由返済・元利均等払い
返済期間:5年以内(1〜60回) ※応相談
必要書類:身分証明書及び、収入証明書
審査時間:お申込より約2時間
貸付対象者:
20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で
当社基準を満たす方
※保証人様をお願いする場合もございます。
※500万円以上、5年以上をご希望の方もお気軽にご相談ください。
ユニバーサルコーポレーションおまとめローンお申し込み→


ホーユークレジット

ホーユークレジット:無担保おまとめローン(資金用途自由)
・目的別ローン(原則 担保・保証人不要)
消費者金融・信販等他者借入れの多い方、当社のおまとめローンによる借入れ一本化で楽々返済。毎月、何社にも返済をする面倒からも開放されます。この機会にご利用下さい。
融資額50〜500万円
利息(年率)6.2〜18.0%
この他多数ローンあり。
ホーユークレジットおまとめローンお申し込み→

おまとめローン参考情報【貸金業】

貸金業ということは、よく聞く言葉であるが
法律では、「貸金業」とは、金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介(手形の割引、売渡担保その他これらに類する方法によつてする金銭の交付又は当該方法によつてする金銭の授受の媒介を含む。以下これらを総称して単に「貸付け」という。)で業とされている。※次に掲げるものを除く。
一 国又は地方公共団体が行うもの
二 貸付けを業として行うにつき他の法律に特別の規定のある者が行うもの
三 物品の売買、運送、保管又は売買の媒介を業とする者がその取引に付随して行うもの
四 事業者がその従業者に対して行うもの
五 前各号に掲げるもののほか、資金需要者等の利益を損なうおそれがないと認められる貸付けを行う者で政令で定めるものが行うもの
金融サービスを利用する上で理解しておきたい言葉である。

おまとめローンはお得

おまとめローンはお得。ついつい色々なキャッシングを利用していませんか。低利息ローンに一本化すると驚くほど、お得なんですね。

おまとめローンって

おまとめローンって。いろいろなところで借りたローンを利息の低いところで借り換えて、利息を少ないすること。

おまとめローン参考情報【融資条件】

消費者金融、「融資お断り」急増=1月は7万6千人−金利下げにらみ審査厳格化

大手消費者金融4社に新規の融資を申し込んでも、審査の結果断られるケースが急増している。貸金業の上限金利が2009年にも現行の年29.2%から20%に引き下げられるため、経営環境の悪化をにらみ、各社とも審査を厳しくして焦げ付きリスクが低い融資にシフトしているためだ。大手消費者金融の融資拡大路線の見直しが鮮明になってきた。
 アイフル、アコム、武富士、プロミスの大手4社の1月の新規融資申込者は計13万6000人。このうち審査を通過して実際に融資を受けた人の比率を示す「成約率」を見ると、4社の平均は前年同期比19.4ポイント低い44.1%に落ち込んだ。76000人が門前払いされた計算だ。特にアイフルの成約率は36.0%と同34.1ポイントも低下。貸出先を厳選した跡がうかがえる。

おまとめローン比較

おまとめローンは各社提供しているが、借り入れ条件、利息等を比較して検討することが望ましい。

おまとめローン参考情報【返済】

債権者は、債務者から元本(元金)、及び利息を受け取る権利があり、債務者は、融資金額の元本と、融資金額にかかる利息を支払う義務がある。
■返済の方法
■元利定額返済方式
各返済日に、一回の返済額が毎回同額の返済方式。
各返済日におけるキャッシュフローが一定であり、債務者が認識する返済金額が判りやすいという利点がある一方、ローンの返済期間の初めのうちは返済額のうち、殆どが利息の支払に充当されるため、ローン残高が減りにくい。債務者にとって元金と利息をいくら返済しているのかが判りづらいため、元金残高がいくらであるのかも判りづらい。
一般的には住宅ローンなどで採用されている。
元金定額返済方式
各返済日において、一回の元金の返済額が毎回同額の返済方式である。
各返済日における元金の支払いが一定であるため、債務者にとってローンの残高、毎回の利息の支払額を認識しやすく、最終返済がいつであるのかが判りやすいという利点がある。利息の支払いについては元本残高にかかるために一定ではないため、借入直後の返済において利息の負担が余りにも大きいため、借り入れ直後は現預金の手許残高に注意が必要である。
コーポレートローンにおいて採用されている。
元本一括返済方式とは:
元本の返済を借入期間の満期日に一括して支払う方式。
通常、利息の支払いは一定期間毎に行う。
コーポレートローンにおいて採用されている。
残高スライド方式とは:
元利定額返済方式と同じく、一回の返済額が毎回同額の返済方式ではあるが、元本の残高によって一回の返済額が変動する方式。
これは、リボルビング契約など、追加貸付が頻繁に行われ元本残高が変動する場合において、元利定額返済方式では一回の返済額の計算が煩雑になるため、元本残高の範囲によって一回の返済額をあらかじめ決めておく方式。
消費者金融など、追加貸付が頻繁に行われるローンが採用している。

おまとめローン参考情報【融資】

融資とは金融機関が、利息(金利)を得る目的で、会社、個人などの資金需要者に金銭を貸し出すことである。ローンともいわれる。個人向けの小額のサービスはキャッシングともいわれる。貸し手側から見ると債権(資産)、借り手側から見ると債務(負債)となる。 貸し手側を債権者借り手側を債務者と定義されている。

まとめローン(おまとめローン)の賢い利用法

ジャパンネット銀行 おまとめローン・リニューアルローン・ユニバーサルコーポレーション おまとめローン・ホーユークレジット 無担保おまとめローン サービスの詳細については、バナーをクリックし元サイトにてご確認ください。有利な情報が追加されている場合がございます!

おまとめローン参考情報【銀行系消費者金融】

銀行系消費者金融について
おもに銀行と大手専業会社が2000年から2002年頃迄に設立された消費者金融会社がスタートした。
サラリーマンや公務員などを対象として金融商品を発売し、銀行本体のカードローンでは収入などの属性で借入が難しい人で、専業会社で借りるには(専業会社から見て)高属性の人物で有るといった、銀行ローンと専業との間クラスの様な利用者をユーザーとして、商品展開した。
銀行からの後押しがあり、利息制限法の基準の範囲内の貸出利率で営業しており、郵送や電話・インターネットなどで申込出来、比較的短時間(1時間程度)で審査の可否が決定し、契約が成立次第ローンカードを郵送するなどして利用が便利で好評である。
申込み審査に、出資者である消費者金融会社に蓄積されたデータとノウハウを活用して、迅速な審査の可否判断が可能にした。万一、延滞事案などが生じた際の債権回収なども実質的に消費者金融会社側が請け負う様になっている。
課題点としては、貸付枠が無担保で最大300万円と大手専業会社よりも高額で有る事から、利用額や期間によっては利息だけでも相当な金額になりかねない事などである。利息制限法の基準の範囲内とはいえ18%の利率が一般的であり、厳格な債権回収を行う点は消費者金融専業会社と何ら変わりない(訴訟、強制執行)。また、消費者金融と言う言葉や金融会社に抵抗を覚える人も数多くいる事から、当初から「XX銀行グループ」と強調するケースが多い。

おまとめローン4社

ジャパンネット銀行 おまとめローン
新洋信販 リニューアルローン
ユニバーサルコーポレーション おまとめローン
ホーユークレジット 無担保おまとめローン
4社のご紹介です。各社の特徴を下記をご覧ください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。